ペニス増大サプリに副作用はあるのか?飲む前に知っておきたい注意事項!

ペニス増大サプリに副作用があるのか、買う前に調べる人は多いはずです。サプリはある程度の期間飲み続けなければ効果が出ないと言われています。

 

毎日飲み続けるなら、副作用の有無を調べるのは当たり前の事です。そこで、ペニス増大サプリの副作用について書いていきます。

 

増大サプリの副作用は無しと思ってOK!但し過剰摂取には注意!

まず、ペニス増大サプリの副作用は基本的にはありません。ペニス増大サプリを飲んで健康被害を受けたという報告も無いと言われています。

 

しかし、どのサプリでもそうですが、絶対と言う事はありません。特に注意しておきたいのは過剰摂取です。

 

サプリメントの有効成分は食事でも摂取することができるため、気づかずに過剰摂取をしている場合があります。例えば、ビタミンAのサプリを飲んでいて、スモークレバーや鳥レバーなどビタミンAが多く含まれる食べ物を取れば、過剰摂取になる可能性もあります。

 

ビタミンAの過剰摂取は、頭痛や肝障害、そして骨が脆くなるといった副作用があります。また鉄を過剰摂取すれば吐き気が出たり、肝臓などの臓器障害を引き起こすことになります。

 

そのためサプリメントを飲む時は次の5点を心掛けるべきです。

  1. 他の薬との飲み合わせに問題が無いか医師に確認してもらう
  2. 自然(ナチュラル)=安全ではないことを肝に命じること
  3. サプリで病気の改善は期待して、処方箋の代わりに飲まないこと
  4. サプリを飲む前に、どのような効果があって、リスクはあるのか?1日の摂取量も知っておくこと
  5. サプリも薬と同じように記録を残す

薬を飲んでいる人は、サプリとの飲み合わせに問題が無いか医師に確認してもらった方が良いでしょう。

 

しかし、わざわざ病院に行くことは面倒かもしれません。確認せずにサプリを飲んで、少しでも異変を感じたのなら、服用を中止して様子を見ることが大事です。

 

また、1日の摂取量をきちんと守ることも過剰摂取を防ぐことに繋がります。できればそのサプリの主成分を調べ、どの食材に多く入っている成分なのか、それぐらいは自分自身で調べるようにしましょう。

 

どの食材に多く入っているか知ることによって、サプリとの過剰摂取が防げるようになります。

 

増大サプリの主成分シトルリンの副作用ってあるの?

ペニス増大サプリの主成分は言わずと知れたシトルリンです。シトルリンが体内に入るとアルギニンへ変化して、アルギニンがまたシトルリンに変化していきます。

 

この変化は有害なアンモニアを無害な尿素に変えるためであり、このサイクルを尿素回路(オルニチン回路)と言います。

 

シトルリンがアルギニンに変わる時に一酸化窒素(NO)が排出され、一酸化窒素が血管を拡張する効果があるために、血流を良くすることになるのです。

 

なので、シトルリンは増大サプリには必須の成分であり、シトルリン配合量が多ければ多いほど、増大効果は期待できます。

 

では、このシトルリンには副作用があるのか?そしてシトルリンの過剰摂取はどうなってしまうのか?説明していきます。

 

シトルリンで考えられる副作用【シトルリン血症】

シトルリン血症とは、尿素回路(アンモニアを尿素に変えること)が機能せず、シトルリンが異常に高くなってしまう病気のことです。

 

シトルリン血症の状態でサプリなどでシトルリンを過剰に摂取すると、嘔吐・昏睡・多呼吸や意識障害が起こる場合があります。

 

シトルリン血症は日本で約6,000人前後いると言われており、そのような人は増大サプリに入っているシトルリンは健康被害になる可能性がありますので、服用するのはやめましょう。

 

シトルリンで考えられる副作用【降圧剤を使用している人】

高血圧の人で降圧剤を使用している人もシトルリンの副作用が考えられます。

 

降圧剤とは、血圧下降剤とも言い、高血圧を下降させ血管の破裂などの危険を回避するために使われる薬剤です。

 

シトルリンは一酸化窒素が血管を拡張しますが降圧剤を服用している人は、その効果を過剰にしていまう場合があります。

 

降圧剤を服用している人がシトルリンを過剰摂取すると、貧血やめまい、ふらつきなどの症状が起こる可能性があり、注意が必要です。

 

シトルリンの1日の摂取目安量はどれくらいなのか?

増大サプリの主成分である、シトルリンの1日の摂取目安量は800rです。しかしながら、上記のようなシトルリン血症などの病気や、降圧剤を使用していなければ、1日3,000~4,000の摂取程度では副作用の報告も無いので、そこまで気にする必要は無いと言えます。

 

シトルリンはウリ科に入っている成分で、通常の食事からは多くのシトルリンを摂取することはできません。そのためにサプリで摂取する人が多いのですが、注意すべきことは、下記の2点に該当する人です。

  • 毎日服用している常用剤がある人
  • 妊娠中の女性

シトルリンが多く含まれている代表的なものはスイカやメロンです。そのため、基本的には問題になることは無いのですが、常用剤がある人はどのような飲み合わせによって副作用が出るか分かりませんので、かかりつけの医師に確認することをおすすめします。

 

また、妊娠中の人も胎児に影響しないとは言い切れませんので、注意が必要です。